事業紹介
電通の事業をご紹介します。
CSR
電通のCSR活動全般についてご紹介します。
採用情報
株式会社電通および電通グループの採用情報のご案内です。

四半期業績サマリー

連結四半期業績

ヒストリカルデータ(XLS)

(百万円)

 2019年
4–6月
2018年
4–6月
売上高 (*1)1,263,985 1,337,338
収益246,489 239,546
売上総利益221,268 219,073
オーガニック成長率(1.3%)+5.9%
国内事業84,932 84,059
オーガニック成長率(1.4%)+8.4%
海外事業136,427 135,099
オーガニック成長率(1.3%)+4.5%
EMEA(欧州・中東・アフリカ)51,013 48,914
オーガニック成長率+0.7% +4.8%
Americas(米州)58,837 55,009
オーガニック成長率+2.8% +6.5%
APAC(アジア太平洋)26,573 31,164
オーガニック成長率(12.3%)+0.8%
販売費および一般管理費207,349 200,319
その他の収益(費用)(5,137)(614)
営業利益8,781 18,139
持分法による投資利益(329)854
関連会社株式売却益0 558
金融損益及び税金控除前利益8,452 19,553
金融収益(費用)(4,274)(15,673)
税引前利益4,177 3,879
法人所得税費用1,664 2,207
非支配持分に帰属する当期利益1,204 1,674
親会社の所有者に帰属する当期利益1,308 (1)
   
調整後営業利益 (*2)20,525 28,118
国内事業10,980 15,100
海外事業9,549 13,014
オペレーティング・マージン9.3%12.8%
国内事業12.9%18.0%
海外事業7.0%9.6%
調整後営業利益と営業利益の差異項目(11,743)(9,978)
買収に伴う無形資産の償却費(8,930)(8,723)
M&A関連コスト(233)(203)
被買収会社に帰属する株式報酬費用(1,865)(972)
非経常的項目(714)(79)
   
調整後当期利益 (*3)10,312 13,619
調整後当期利益と当期利益の差異項目(9,004)(13,621)
営業利益調整項目(11,743)(9,978)
関連会社株式売却益0 -
アーンアウト債務・
買収関連プットオプション再評価損益
(853)(14,855)
関連する税金影響2,846 9,968
その他746 1,244

※当期利益・調整後当期利益: 親会社所有者帰属分



為替

 2019年
1–6月
2018年
1–6月
円/USD110.0円108.7円
円/GBP142.4円149.7円


*1 売上高は、当社グループが顧客に対して行った請求額および顧客に対する請求可能額の総額(割引および消費税等の関連する税金を除く)です。

*2 調整後営業利益は、営業利益から、買収に伴う無形資産の償却費、M&Aに伴う費用、ならびに減損、固定資産の売却損益などの一時的要因を排除した恒常的な事業の業績を測る利益指標です。

*3 調整後当期利益は、当期利益(親会社所有者帰属分)から、営業利益に係る調整項目、アーンアウト債務・買収関連プットオプション再評価損益、これらに係る税金相当・非支配持分損益相当などを排除した、親会社所有者に帰属する恒常的な損益を測る指標です。

*4 2019年1月よりIFRS第16号を適用しております。2018年以前は、旧基準に基づく数字を記載しています。


スマートフォンサイト

ページTOPへ