事業紹介
電通の事業をご紹介します。
ニュース
株式会社電通が発信する最新のニュースリリースやトピックスなどをご覧いただけます。
CSR
電通のCSR活動全般についてご紹介します。
採用情報
株式会社電通および電通グループの採用情報のご案内です。

活動推進体制

全社の取り組み

電通は、2008年7月に代表取締役社長を議長とする「環境戦略会議」を設置し以降グループ全体としての推進体制強化を図っています。

また、社の重要委員会であるCSR委員会において環境管理責任者が指名され、グループ全体の環境への取り組みを進めています。電通の各局(室)では、CSR推進委員とエコ委員が環境への取り組み活動の推進役となっています。また、グループ各社では、エコ・プログラムの担当役員、管理責任者、統括担当者、推進委員を任命して、活動を推進しています。


「電通グループ エコ・プログラム」の導入

2005年1月に、環境マネジメントシステム「電通グループエコ・プログラム」(現行)を導入し、2005年5月にはISO14001の認証を取得しています。その後、国内グループ会社も加えて2006年6月にグループで統合認証を取得し、2017年1月時点では、電通と電通グループ会社17社が維持しています。


エコ・ファーストの約束(更新書)

電通は、2012年3月に「エコ・ファーストの約束(更新書)」を環境大臣に宣言して、次の3点を重点領域として定めています。

  1. 環境コミュニケーションを積極的に推進し、社会に広めていきます。
  2. 次世代の環境コミュニケーションや、社員の環境への取り組みを支援します。
  3. グリーンなオフィスを、より進化させていきます。

「エコ・ファーストの約束(更新書)」では、本社ビルのCO2排出量を2003-04年度平均に対して、2015年度までに21%削減、廃棄物リサイクル率を90%に向上させることを約束しました。

2015年度はCO2排出量は28.5%の削減を達成。リサイクル率は89.4%でした。


環境方針

電通グループは、企業理念である「Good Innovation.」を社員一人ひとりが強く認識し、電通グループ行動憲章に基づき、業務過程で発生する環境負荷の低減を目指し、持続可能な社会の実現に寄与します。

  • 持続可能な社会の実現のため、事業活動による環境への影響を正しく評価し、環境負荷の低減に努めます。
  • 環境に配慮した事業活動の開発・提案に努め、環境問題の改善に寄与します。
  • 環境コンプライアンスの徹底とともに、環境目標および成果をより明確に図る環境パフォーマンスの向上に向けて、継続的な改善に努めます。
環境保護
  • 汚染の予防、気候変動の緩和、生物多様性および生態系の保全に積極的に努めます。
環境コミュニケーション
  • 次世代の環境教育や、取引先および社員の環境意識の啓発へ向けた環境コミュニケーションに積極的に取り組みます。

環境目的

  1. 取引先、消費者、社員へ向けた環境意識の啓発推進
  2. 地球温暖化防止・生態系保全の推進
  3. 廃棄物削減およびリサイクル率の高レベル維持

スマートフォンサイト

ページTOPへ